蜂の巣の形状で蜂の種類を判別〜退治前に巣を観察〜

壁の隙間に蜂の巣がある場合は近づかないことが大事!

種類と巣の特徴

蜂は昆虫の中でも猛毒を持っており、人間を襲うこともあるので、危険な生物として知られています。蜂は種類によって性格や特徴が異なりますので、見分け方を把握しておくことが大事です。ここでは、蜂の種類別の巣の特徴や違いを紹介します。

蜂の巣を見つけたら

蜂は種類によって、全く違う巣を作りますので、巣を見ただけで種類を特定することも可能です。しかし、巣を発見しても決して近づかないことが重要です。すぐに避難して、蜂の巣を退治してくれる業者に依頼しましょう。

まとめ

もし住宅の壁の隙間など人の手が届きにくい場所に蜂の巣を発見した場合は、被害を防ぐためにも業者に相談してみましょう。ここでは、業者を利用するメリットを紹介します。

実際に依頼した人の声

退治してくれる業者は、蜂駆除の専門家なので、どんな種類の蜂でも退治することがメリットです。以前、自宅の壁の隙間に蜂の巣を作られてしまいました。自分では退治できなかったのですが、業者に依頼すると、安全性を確保しながら駆除作業をしてくれました。 "

危険な蜂退治も任せられる(40代/男性)

蜂は退治した後も適切な対策をしないと、再び同じ場所に巣を作るそうです。駆除作業中に巣に戻ってきた蜂の対策や、壁の隙間などの出入り口を塞ぐなどの巣の再発防止策も蜂を退治してくれる業者は行なってくれるので、安心して任せることができます。

TOPボタン